ホーム > お知らせ > 豆腐作りを体験!

お知らせ

豆腐作りを体験!

2010.01.25

1月23日(土)の土曜登校日、食物調理科の1年生が豆腐作りを行なった。日頃、スーパーで売られているパックに入った豆腐しか食べない生徒達にとって、大豆本来の風味を味わえる出来立ての豆腐は珍しかったようだ。

 講師は、山形市諏訪町にある「仁藤商店」の代表取締役である仁藤 斎 氏。山形の各地で豆腐作りや豆腐を使った料理の講習会を行なっており、大変お忙しい中、本校に来ていただいて127名の生徒に教えていただいた。

 まず、豆腐の作り方を簡単に説明していただき、その後、実際に大豆から豆乳を絞るまでの工程を見せていただき、その豆乳を使って、生徒達は実際に、①充填(じゅうてん)豆腐(常温の豆乳ににがりを入れて、器に入れて蒸したもの)と②ざる豆腐(温めた豆乳ににがりを入れて少し固まったところでざるに入れて水を切ったもの)の2種類を作った。にがりを入れてからかき混ぜすぎたり、加熱が十分でなかったりして、班ごとに固さの違う豆腐ができあがったが、初めて作った豆腐を生徒達は味わって食べていた。

 これから、2,3年生と学年が進み、自分達の調理技術が向上し、豆腐への研究心が芽生えた頃に、今度は大豆から豆腐を作りまでの全工程や豆腐を使った料理やお菓子作りを教えていただきたいと思う。本当に貴重な体験であった。