ホーム > お知らせ > 卒業生272名、新しい旅立ちへ

お知らせ

卒業生272名、新しい旅立ちへ

2010.03.03

  『第62回卒業証書授与式』=卒業生272名

 山形学院の卒業式は3月2日(火)本校チャペルで午前10時から始まりました。2日の朝、昨夜の雪がプロムナ-ドに積もり、桂の木も雪をかぶっていました。しかし式が始まる頃には、曇っていましたが落ち着いた天候になりました。8時過ぎから卒業生、保護者が続々と登校。午前9時50分、卒業生が3年1組から9組まで担任を先頭に保護者、教職員の手拍手のうちに入場、各クラスの席につきました。ハンドベルの前奏で式が始まりました。全員で讃美歌「神の賜物を 日ごとに磨き」を歌い、聖書の朗読、祈りの後、卒業証書授与-総合普通科から始まって情報創造科、調理科と一人ずつ登壇して、校長先生から卒業証書を受理しました。次いで皆勤賞、精勤賞、功労賞の表彰がありました。校長先生の式辞、来賓の祝辞、在校生の送辞、卒業生の答辞を終えて全員で校歌斉唱、そして締めくくりに「神ともにいまして、ゆく道を守り」の讃美歌を歌い、祝祷、ハンドベルの後奏で閉式。卒業生たちは卒業証書を手にしっかり握り、父母、保護者、教職員の送迎の大きな拍手を背に受けながらチャペルを去っていきました。
 山形学院の卒業式は礼拝形式で厳粛に進められていきます。チャペルの前の席に卒業生が座り、その後が父母、保護者席になります。証書を受けとる自分の子どもの姿を間近で見ることができます。