ホーム > お知らせ > 後期中間考査・校内研修会

お知らせ

後期中間考査・校内研修会

2010.12.06

  『後期中間考査』が始まりました。

 6日(月)~8日(水)の3日間で行われます。

  『12月(第6回)校内研修会』

 6日(月) 午後1時30分~3時 会議室

毎年、12月の校内研修会はキリスト教教育についての学びをしています。講師に東京・立教女学院理事長・校長の平塚敬一氏を招きました。「今、キリスト教学校が求めている人とは」というテ-マで講演をしていただきました。平塚氏は、キリスト教学校教育同盟の教研担当の常任理事ををしておられます。〔講演内容 1.教育の機能は知識の伝達、技能の修得、その根底にある人間教育・人間形成 2.聖書に見る人間理解の一例 3.キリスト教学校の基盤「建学の精神」 4.担い手としての勤務員に求められるもの 5.キリスト者と非キリスト者のあり方 〕

感想-教師と出会うことによってある人の運命が決定されるような教師。進路決定においてということではなく、苦しいこと、困難なこと、悲しいこと、思いあまるようなことに出会った時に、その教師を思い出すことなら、それによって慰め得、あるいは警告を与えるのが、真の教師の名に値することを学んだ。生きていく力を与える教師。生きることに迷いが生じたときの励みと指針となるような言葉を与える教師。そんな人の生き方にかかわる教育のできるキリスト教学校の教師であることに誇りを持ち、日々教師として、一人の人間として前進し、真の教師に近づいていきたいと強く感じた。-勤務5年目の教員》