ホーム > お知らせ > 田植え作業を体験

お知らせ

田植え作業を体験

2011.05.16

    『鍋倉さんの田んぼで田植え作業をしました。』

 市内百目鬼地区でステビア農法(市販農薬を規定の1/3量と自分たちで作った肥料とを使用して身体に優しい作物を作る方法)で農作物を育てておられる鍋倉康治さんの田んぼで、食物調理科3年8組の集団調理2班6名が、田植えを体験しました。はだしで田に入り、「ゆめごこち」という銘柄の米の補植をおこないました。生徒は始めての経験でした。今後、月一回のペ-スで草取りなどの作業を体験しながら秋に収穫したものを調理実習で使う予定です。