ホーム > お知らせ > 晴天の下で、田植え体験~授業「食育」の取り組み~

お知らせ

晴天の下で、田植え体験~授業「食育」の取り組み~

2011.05.17

 5月15日(日)、食物調理科3年生6名が田植え体験をした。山形市内の田んぼで、全員が裸足になって、田植えの補植(機械で植えられなかった部分に苗を植えていく作業)を行なった。また、休憩時間には、隣接する田んぼで代かき体験としてトラクターにも乗せていただいた。

  

  

    

普段の授業ではなかなか外に出る機会がないが、この授業では、「体験する」「地域にむけて発表する」ことを最終の目標としており、日頃は味わえない体験学習を通して、地域に根づいた調理師になれれば、と考えている。この体験は、秋の稲刈り・脱穀まで続き、収穫されるお米「ゆめごこち」は調理実習に用いられる。