ホーム > お知らせ > 全校応援・勝利を飾れず

お知らせ

全校応援・勝利を飾れず

2008.07.14

第90回全国高校野球選手権記念大会山形大会


全校応援・開幕試合、残念ながら敗退

11 日(金)中山町の県野球場で行われた開幕試合、本校は山本学園と対戦しました。両校選手は共に生徒、教職員、保護者の応援を背に勝利を賭けて戦いました。 本校は一回1点を先制しましたが、その裏一年生投手の阿部君が山本の打線につかまり、3点を取られ、2回にも2点を追加され、それに対して本校も必死に反 撃を試みましたが、相手投手を打ちあぐみ、試合は5回11対1のスコアでコ-ルド負けをしてしまいました。全校生が男子バスケット部3年生14名の応援リ -ダ-のもと、しっかりまとまり声援をしましたが、勝利を手にすることはできませんでした。残念でした。悔しい涙を流す生徒もいました。選手も大量リ-ド にもかかわらず、最後まで全力を出してプレ-をしてくれました。12日(土)の朝日新聞朝刊は、大きくスペ-スを割いて本校野球部のことを扱い、この大会 までの野球部の取り組みを報道してくれました。見出しには
「記念」の日 刻む一歩 初戦全力懸命プレ-
1勝の壁7連敗・山形学院
無気力と決別猛練習 知った「負ける悔しさ」とありました。