ホーム > お知らせ > 2008年 少林寺拳法山形県大会

お知らせ

2008年 少林寺拳法山形県大会

2008.07.22

少林寺拳法・山形県大会


少 林寺拳法・山形県大会が20日(日)、米沢市立体育館で開催されました。県下15の支部から小学・中学生122名、高校生を含めて一般262名の参加があ りました。山形学院少林寺拳法部も8名(男1名、女7名)が参加しました。少年から一般まで見習、級、段、そして男子マスタ-ズ、親子と2人1組による演 武、団体による演武が繰り広げられました。山形学院は団体の部に出ました。全員が見習のレベルでしたが、しっかり演武し、大きな拍手を受けました。少林寺 拳法は、勝負を争うものではなくて、2人でどれだけ決められた演武内容を時間内でこなし、気合、形の美しさを表現することで採点されるものです。少年見習 の技はまだ未熟でも、一生懸命演武している態度が見ている人たちの気持ちを和ませます。初めて大きな大会に参加して、少林寺拳法に親しんでいる人たちが多 いのに驚きました。少年拳士が多いのに中学生、高校生が少ないのが以外でした。また山形大学に男女含めて60名以上の部員がいるのにはこれまた驚きでし た。大学生には少林寺拳法は魅力のある競技なのでしょうか。