ホーム > お知らせ > 山形大学主催『高校生朗読コンク-ル』

お知らせ

山形大学主催『高校生朗読コンク-ル』

2009.09.07

 山形大学主催「藤沢周平の山形第5章 第2回高校生朗読コンク-ル」(読売新聞社共催)

工藤斎州君(1年 白鷹東中) 最高賞『山形大学長賞』を受賞。

 上記のコンク-ルが5日(土曜日)、山形市の山形大学小白川キャンパスで開かれた。予選を通過した高校1~3年生11人が本選に臨んだ。工藤君は唯一の男子。朗読の課題は、藤原周平が小説家になるまでの歩みを書いたエッセ-「半生の記」の中の『死と再生』。
工藤君は低音の落ち着いた読み方が評価されて1位に輝いた。あわせて聴衆の投票で決める「会場賞」も受賞しました。工藤君の弁「場面の切り換わりでメリハリがつくよう気をつけた。発音辞書でイントネ-ションを調べるなどの努力したかいがあった。」