ホーム > お知らせ > 第36回技能五輪全国大会に調理科から2名出場します

お知らせ

第36回技能五輪全国大会に調理科から2名出場します

2008.10.28

第46回技能五輪全国大会に県代表として出場

技 能五輪全国大会が30日~3日、千葉の幕張メッセで開催されます。「日本料理」職種に山形県代表として調理科3年の佐竹将史君と中村美香さんが参加しま す。全国から23歳以下の将来日本の各分野の技能を担う人たちが参加して技を競い合います。日本料理部門には64名の参加があります。高校生の参加は他県 から2校と本校からだけです。すでに調理の仕事についている人たちとどれだけ戦えるか注目されます。第一課題 小鯛活なます姿盛り(50分) 第二課題 牛蒡と鴨の小袖焼き 菊花蕪甘酢漬け(50分) 第三課題 芋寿司手綱巻き 蓮根甘酢漬け(70分)限 られた時間内で三つの料理を作らなければならないので大変なようです。もう一人調理科出身で現在、上山市の葉山温泉「古窯」に勤務されている清野桂さんも 参加します。山形県からは美容、その他の職種から10名の代表が参加します。28日(火)の全校礼拝で紹介され、二人が決意の挨拶をしました。夏休みから 取り組んできた成果が期待されます。